グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仕事を知る  > 歯科技工士の仕事

歯科技工士の仕事

歯科技工士の仕事についてご紹介します。


豊富な知識と確かな技術

さまざまな理由で歯を失った患者さんや歯の矯正が必要な患者さんのために、必要な歯や装置を作ることです。具体的には義歯(入れ歯)、歯冠修復物(詰め物・かぶせ物)、歯並びを矯正するための装置などを製作します。
また、加工や修理も行います。
これらの業務は歯科医師と歯科技工士の独占業務で、資格を持たない人が行うことは法律で禁じられています。
このことからも、歯科技工士の仕事の重要性を知ることができます。
さらに、最近は、歯の色や形をきれいにするために、治療を受ける患者さんも増えており、歯科技工士の美的センスが重要となります。

義歯の製作

歯を失った患者さんの入れ歯を作ります。

歯冠修復物の製作

歯の一部が失われた患者さんの詰め物やかぶせ物を作ります。

矯正装置の製作

歯並びをきれいに治す装置を作ります。

将来の主な活躍の場

  • 歯科技工所歯科診療所
  • 歯科器材メーカー(国内・海外)
  • 大学附属病院
  • 総合病院

※海外で活躍している卒業生もいます。

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.