グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 仕事を知る  > 歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の仕事についてご紹介します。


お口の健康のエキスパート

歯科衛生士の仕事は歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導の3つの業務に大別されます。
歯科予防処置は、むし歯と歯周病を予防するために直接患者さんに対応する業務です。また、歯科診療補助とは、歯科医師の医療行為の一部を歯科医師の指示により行うものです。さらに、歯科保健指導の目標は、人々の健康を援助することです。病気を治し、かつ癒すという患者さんを主体とする歯科保健医療であるために、「歯科衛生士はお口の健康のエキスパート」としてさまざまな指導と健康回復への支援を行います。

歯科診療補助

歯科医師とのチーム医療をもとに、治療をスムーズに進める大切な業務です。

歯科予防処置

フッ素塗布や、歯石を除去することで、患者さんの歯や歯肉の健康を保ちます。
これらは歯科衛生士の独占業務です。

歯科保健指導

歯みがき指導、入れ歯の使い方、生活習慣の改善および栄養面の指導など、患者さんの立場に立って指導する業務です。

将来の主な活躍の場

  • 歯科診療所
  • 市区町村保健センター
  • 大学附属病院・総合病院
  • 歯科関連企業

※海外で活躍している卒業生もいます。

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.