グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




認定専攻科・特例専攻科とは

学士の取得

独立行政法人 大学評価・学位授与機構は平成19年3月から、口腔保健学の学位を新設し、1年制や2年制の専攻科での科目履修を行うことにより、学士(口腔保健学)が取得できるようになりました。

独立行政法人 大学評価・学位授与機構サイト(別ウインドウで開きます)
独立行政法人 大学評価・学位授与機構サイト「学位授与事業」(別ウインドウで開きます)
本学の専攻科歯科衛生学専攻は、学位規則に規定する1年制の専攻科として認定され、平成21年度から学位授与(学士)が可能となり、認定専攻科(口腔保健学)となることができました。

学士取得までの流れ

参考:学位取得までの流れ(独立行政法人 大学評価・学位授与機構サイト)(別ウインドウで開きます)

平成21年4月現在、機構による認定を受けた歯科衛生士養成機関は全国で4校のみです。これは本学の歯科衛生学科の施設、教育体制、教育内容、教員組織および教員業績などが充実しており、専攻科歯科衛生学専攻とあわせて、4年制の大学と同等以上と認められたからに他なりません。

これからは、歯科衛生士の学問をなお一層幅広く、深く進めていくことができ、業務の幅も更に拡大していくことが大いに期待されているところです。国民のニーズに応じることのできるワンランク上の歯科衛生士の誕生は嬉しい限りです!私達教職員は、責任の重さを痛感しながら、学生のための真の教育を今後とも真剣に行って参ります。

今後とも本学の既存の歯科衛生学科歯科技工学科・専攻科歯科技工学専攻に加えて、新たに誕生しました専攻科歯科衛生学専攻にも絶大なご支援とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.