グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 専攻科  > 歯科技工学専攻

歯科技工学専攻

4年制大学卒業と同等の学士(口腔保健学)の資格が 授与されます

専攻科歯科技工学専攻に入学しますと、最新の知識と高度な専門技術を身に付けることができます。それに加えて、学士の学位を取得することもできます。
本専攻科は、独立行政法人大学評価・学位授与機構から認定専攻科として日本で初めて認められ、平成24年4月に開講しました。今後、本専攻科では機構に学習成果報告書を提出し、審査と小論文試験に合格し、本学での全単位を修得しますと学士(口腔保健学)の学位が授与されます。この学士の学位は、国が認めたもので、国の内外を問わず4年制大学卒業と同等の資格であり、就職時に有利になるばかりでなく、その後、大学院へ進学することも可能となり、将来に対して大きく夢が広がります。平成26年3月に第1回生在籍者7名全員が、平成27年3月には第2回生在籍者6名全員が、平成28年3月には第3回生在籍者5名全員が試験に合格し、学士(口腔保健学)を取得しました。
本専攻科は、現在の歯科技工業界のめざましい知識や技術の進歩に対応し、さまざまな情報を活用して生涯にわたる自己研鑽のできる歯科技工士、さらに深い倫理性に裏打ちされた個性豊かな感性に満ち、総合的な発想力と高い応用能力とをかね備えた、プロフェッショナルな歯科技工士の養成を目標としています。


このページの目次


特色

総合技工学専攻との合同講義であるインプラント学。
その歴史から、最新の技術まで幅広く学んでいます。

専門分野の研究に向き合い、さらなるレベルアップにつとめます。

研究テーマをスライドを使って発表。プレゼンテーションスキルも高まります。

カリキュラム

1年

基礎分野
(選択必修)
経営学
色彩学
造形美術
介護福祉概論
統計学
イングリッシュ コミュニケーション
生物学
専門基礎分野
(選択必修)
研究方法論
歯科医学総論
歯学特論
系統構造学
保健統計学
口腔健康管理学
専門分野(選択必修)口腔保健技工学概論
顎顔面補綴技工学
臨床歯冠修復技工学
臨床有床義歯技工学
小児矯正技工学
CAD/CAM 技工学
臨床咬合学
保存歯科学
審美造形歯科論
先進歯科医療論
専攻科特別研究基礎
インプラント学
歯科理工学
歯科材料学
歯の解剖学
口腔保健技工基礎実習
歯科技工臨床実習

2年

専門分野(選択必修)専攻科特別研究応用
歯科技工応用実習

在学生の声

専攻科 歯科技工学専攻 山倉 大河 さん

「より高い技術と幅広い知識を得る環境」

学年、コースを分けることなく、専攻科生全員が、附属病院内の同じ実習室で実習を行っています。そのため、自身の学びたい歯科技工の知識と技術の向上はもちろんのこと、学士課程で行う研究だけでなく、他の分野についても先生のみならず、周りのたくさんの仲間たちから、知識や情報を共有することができます。

附属病院では歯科診療を見学し、担当の歯科医師から直接、自身が製作した技工物の評価をいただくことができます。そして、何より患者さんの治療の場に立ち会うことで、医療人としての自覚が自然に高められていきます。先生や患者さんから良い評価をいただくと、うれしいし、何よりも今後自分が製作する歯科技工物に役立てることができます。
専攻科は、本科で学んだものよりさらに高い技術を身に付けることができ、また幅広く深い知識を得ることのできる、とても良い環境であると実感しています。

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.