グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯科技工学科  > 授業内容

授業内容

歯科技工学実習は、日々ステップバイステップで課題に取り組みます。
カラフルな技工台は、学生に人気です。


生命歯学部の理工学実習室を使用

短大の実習室だけでなく、生命歯学部の理工学実習室を使用する実習も行っています。

コミュニケーション学

歯科衛生学科と合同で行うコミュニケーション学の授業。チーム医療を円滑に行う上でコミュニケーションスキルは大切です。つい立てを隔ててコミュニケーションを伝え合うスキルを磨いています。

美術概論

歯科技工士には美的感覚も必要となります。美術概論の授業では、学外から美術の先生を招聘し、授業を行っています。
大学近くにある北の丸公園でのスケッチの授業では、発想や表現の視野を広げる能力を養っています。

教員からのメッセージ

あなたも現代の錬金術師をめざしませんか

日本歯科大学東京短期大学 歯科技工学科
小泉 順一 講師

歯科技工士の仕事は義歯、歯冠修復物、矯正装置を製作することですが、それは単なるもの作りではなく、患者さんの快適な食生活をサポートするとても重要な役割を担っています。日本人の平均寿命は男女ともに80歳を越え、超高齢社会を本格的に迎えています。このような状況の中で、多くの方々に一生おいしい物を食べてもらえる環境作りの一員として、私たち歯科技工士の役割は、ますます重要になってきました。

かつて、錬金術師たちは『賢者の石』を追い求め、かないませんでした。しかし、歯科技工士は、おいしく食べることのできる『入れ歯』や、いつまでも素敵な表情をサポートする『人工の歯』を作ることができます。技術の取得には努力と意欲が必要ですが、本学では、明るい色調で統一された実習室や日本歯科大学生命歯学部を含む充実した設備、日本歯科大学附属病院での実践的な病院見学実習など、資格の取得だけにとどまらない、将来にわたっての財産となるカリキュラムを恵まれた環境のなかで学ぶことができます。

ぜひ一度、東京短期大学へいらっしゃって本学を体験してください。

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.