グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 歯科衛生学科  > 卒業後の進路

卒業後の進路

卒業後の進路についてご紹介します。


卒業後の主な活躍の場

就職

歯科診療所歯科衛生士の資格を取得後、最も多くの人が進むのが歯科診療所です。歯科診療所では、受付業務を含む歯科医師の補助、患者さんの予防管理などを全般的に任されますので、やりがいの持てる仕事のひとつであるといえます。
病院
(総合病院・大学附属病院)
歯科診療所での業務に加え、実習生の教育などを行います。
保健所・保健センター地域の住民を対象に、歯みがき指導、フッ素塗布などを通して保健指導を行います。
老人保健施設・社会福祉施設寝たきりの高齢者や心身障害者(児)の歯科診療の補助や口腔ケアを行います。

厚生労働省(平成26年調べ)によると、卒業後の就職先として歯科診療所が最も多く、90.5%が勤務しています。病院は5.1%となっており、その他、保健所・保健センターや老人保健施設、企業などに進む人もいます。 また、本学では介護職員初任者研修の資格を取得しますので、口腔介護の分野での活躍も期待できます。 少子・高齢社会を迎えた現在では、8020運動にみられる「生涯を通した歯の健康づくり」の重要性が高まるなか、歯科衛生士への期待は、ますます高まってきています。

進学

日本歯科大学 東京短期大学
専攻科歯科衛生学専攻
独立行政法人 大学評価・学位授与機構により、学士(口腔保健学)の認定専攻科に認定されました。
専攻科の詳細は、「歯科衛生学専攻 (特色・カリキュラム)」ページをご覧ください。

平成28年度 求人状況 (平成29年3月31日現在)

平成28年度 卒後進路 (平成29年3月31日現在)

主な就職先(平成26~28年度)

大学附属病院日本歯科大学附属病院
昭和大学歯科病院
岩手医科大学附属病院歯科医療センター など
病院亀田総合病院歯科センター
君津中央病院
明海大学PDI浦安歯科診療所
一般歯科診療所 など
歯科関連企業一般財団法人サンスター財団予防事業部
株式会社オーラルケア
白水貿易株式会社
日本口腔保健協会 など
行政機関鎌ヶ谷市役所
杉並区歯科保健センター など

主な進学先(平成26~28年度)

本学専攻科歯科衛生学専攻・口腔リハビリテーション学専攻
東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科 など

Copyright © THE NIPPON DENTAL UNIVERSITY COLLEGE AT TOKYO. All rights reserved.